主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

061 地下鉄誕生

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2013年12月16日

判型:新書判

ISBN978-4-330-43013-3

著者:中村建治

 

“地下鉄の父”VS“電鉄王”鉄道をめぐる世紀のビジネス抗争

 

 東京で地下鉄を走らせたい――誰もが絵空事だと相手にしなかった壮大な夢を、驚異的な行動力と粘りで、苦闘の末に実現させた狠浪偲瓦良祗畫畧酘措 浅草〜上野間の開業日には10万人が乗車、1時間待ちの行列ができる熱狂ぶりとなった。だがその先には狹電寛Ν畍淌膩賃世箸痢嵜袈怯悗龍界壁」をめぐる壮絶な闘いが待っていた――。宿命のライバルとの激しい意地のぶつかり合いはやがて、根津嘉一郎、大倉喜七郎、佐藤栄作といった大物政財界人も巻き込む抗争へ……果たして、食われるのはどっちか。

 

本書の主な内容

第1章             直通運転をめぐる新橋駅での壁を隔てた二鉄道人の攻防

第2章             ロンドンの地下鉄に感動 東京での建設に動き出す

第3章             東京での「地下鉄は困難」の通説を跳ね返し免許を獲得

第4章             路線を短縮しての建設も涙にむせぶ感動の起工式

第5章             東洋で初の地下鉄開業に押すな押すなの長蛇の列

第6章             ふんだんにアイデアを出して新橋までの乗り入れを果たす

第7章             相互乗り入れを迫る慶太と拒否する徳次の新橋駅抗争

第8章             「新橋駅での相互乗り入れ」vs「東京〜神奈川間の直通構想」

第9章             「強盗・慶太」の株買い占めに屈した「地下鉄の父・徳次」

第10章         壁の撤去で東京を貫通する直通地下鉄がようやく開業

 

著者紹介

中村建治(なかむらけんじ)

1946(昭和21)年、山梨県大月市生まれ。明治大学政治経済学部卒業。鉄道史学会会員。鉄道史に親しむ一方、駅舎に関心を持ち、現在も全国行脚の旅を続けている。著書に『中央線誕生』『東海道線誕生』『山手線誕生』『日本初の私鉄「日本鉄道」の野望』『明治・大正・昭和の鉄道地図を読む』『鉄道唱歌の謎』、分担執筆に『鉄道史人物事典』などがある。

ページの先頭へ戻る