主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

074 伝説の鉄道記者たち

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2014年12月15日

判型:新書判

ISBN978-4-330-52514-3

著者:堤哲

 

鉄道に物語を与えた人々

 

 ほんの140年程前、日本が丁髷の国から一気に近代国家へと転身していくなかで、鉄道は極めて重要な国家事業であった。ほぼ同時期に瓦版から生まれ変わり、成長していったのが「新聞」だ。そんな背景のなかで、「鉄道記者」 はどのように誕生し、活躍の場を広げていったのか。ほとばしる情熱と才気をみなぎらせ、ペンを手に時代のうねりを発信し、鉄道に物語を付与した記者たち。本書では、もと「鉄道記者」である著者が、多岐にわたる資料を丹念に拾いながら記者たちや周辺の人々の足取りを読み解く。密接に絡み合う鉄道史と新聞史双方が明らかになる、貴重な記録。

 

■本書の主な内容

1章●鉄道操觚者・木下立安(1866~1953)

2章●伝説の特ダネ記者・青木槐三(1897~1977)

3章●忠犬ハチ公を巡る鉄道記者たち

    細井吉造、林謙一、渡邊紳一郎

4章●『国鉄物語』の門田勲(1902~1984)

5章●レイルウェイ・ライター 種村直樹(1936~2014)

 

著者紹介

堤 哲(つつみさとし)

東京生まれ。1964年早稲田大学政経学部卒、毎日新聞社入社。初任地長野支局で国鉄長野鉄道管理局を担当したのが鉄道記者の始まり。社会部記者として国鉄本社を担当した。東海道新幹線開業前に世界最速時速210kmを試乗、リニアモーターカーの時速504 kmを宮崎実験線で現場取材した(1979年)。編集委員、紙面審査委員長などを歴任。著書に『国鉄スワローズ 1950-1964(交通新聞社新書)。現在、鉄道記者らの「交通ペンクラブ」事務局長。公益財団法人「アジア刑政財団」、「同日本ナショナルトラスト」各評議員。

ページの先頭へ戻る