主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • 児童書
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

083 進む航空と鉄道のコラボ

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2015年10月15日

判型:新書判

ISBN978-4-330-61415-1

著者:杉浦一機

 

空港アクセスが拓く交通新時代

 

 航空と鉄道は、都市間の輸送で長らくライバル関係にあり、協力関係の構築には消極的だった。
しかし空港アクセス鉄道の整備が進み、羽田空港の国際化やLCCの台頭なども追い風となり、航空と鉄道の新たな関係づくりが進んでいる。
訪日外国人旅客2000万人時代の到来や2020東京五輪を控え、「地方創生」が日本の課題となっている今、航空と鉄道の連携=コラボレーションの一層の充実・強化が求められている。
航空アナリストの著者が、「航空+鉄道」のさまざまな可能性を掘り下げ、我が国の交通新時代の到来を展望する。

 

●本書の主な内容

 

1章 航空と鉄道が切磋琢磨した時代

2章 コラボで新たな段階に進化した例

3章 増える空港アクセス鉄道

4章 望みたいアクセス鉄道

5章 鉄道と航空の連携で変わるネットワーク

 

■著者紹介

杉浦一機(すぎうら かずき)

1947年生まれ。航空アナリスト、首都大学東京客員教授。東京都や成田市の航空及び空港問題の委員会委員などを歴任。利用者サイドに立ったユニークな評論をモットーに活躍中。著書に「日本の空はこう変わる」「生まれ変わる首都圏の空港」(交通新聞社)、「空の上の格差社会」「激安エアラインの時代」(平凡社新書)、「エアライン敗戦」(中央公論新書)、「間違いだらけのLCC選び」「JAL再建の行方」(草思社)など多数。

 

ページの先頭へ戻る