主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

汽車のあった風景 東日本篇〜SL終焉期の昭和日本〜

価格
1,620
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2015年12月14日(月)

本体価格1,500円
判型:A5判 144ページ(オールカラー)
ISBN:978-4-330-62415-0
著者:安田就視(写真)・原口隆行(対談)



DJ鉄ぶらブックス第六弾はSLが走っていた最後の時代【東日本】がテーマ


1975(昭和50)年12月14日を最後に、国鉄の営業線から旅客SL列車が姿を消して40年。
本格的なSLが走っていた最後の時代を、ベテラン鉄道写真家、安田就視氏がカラーフィルムで記録した作品から振り返ります。
「東日本篇」では、北海道、東北、関東甲信越地方を収録。撮影時の記憶や路線の概況解説も、昭和の鉄道風情を思い起こさせます。

●東日本篇 収録路線


《北海道》
宗谷本線/天北線/名寄本線/渚滑線
湧網線/深名線/羽幌線/石北本線
池北線/相生線/釧網本線/標津線
根室本線/広尾線/士幌線/留萌本線
歌志内線/上砂川線/幌内線/室蘭本線
日高本線/札沼線/夕張線/千歳線
胆振線/函館本線/瀬棚線/江差線/松前線


《東北》
奥羽本線/大湊線/津軽線
黒石線/五能線/八戸線
東北本線/花輪線/矢島線
阿仁合線/羽越本線/石巻線
陸羽東線/陸羽西線/左沢線
長井線/米坂線/磐越西線
日中線/会津線/只見線


《関東甲信越》
東海道本線/総武本線/成田線
八高線/中央本線/小海線
信越本線/飯山線/大糸線/白新線

■著者紹介

安田就視(やすだなるみ)
写真家。志木市美術協会会員。1931年2月、香川県生まれ。
日本画家の父につき、日本画、漫画を習う。のど自慢の優勝で芸能界に入り、歌手としておもに西日本を巡業。
その後カメラマンになり大自然の風景に魅せられ、漂泊の旅に出る。そして消えゆく昭和の鉄道、SL、私鉄など全線をオールカラーで撮影。
そのほか四季の風景、風俗、日本の祭り、学参物、伝統工芸などを大判カメラで撮影。
おもな写真集に『日本の蒸気機関車 東日本編』、『同 西日本編』(東京新聞社)、『特別急行列車の旅』(毎日新聞社)などがある。


原口隆行(はらぐちたかゆき)
1938年9月、東京生まれ。1968年頃より蒸気機関車の追跡を開始。
その終焉後は関心を鉄道全般に広げ、月刊の鉄道雑誌などに寄稿を続けたのち、1982年9月にフリーとなり執筆活動に入る。
おもな著書に『時刻表でたどる鉄道史』(日本交通公社JTBキャンブックス)、『イギリス=鉄道旅物語』、『イタリア=鉄道旅物語』(東京書籍)などがある。

 

ページの先頭へ戻る