主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

忘れじの温泉電車〜温泉へ向かう鉄道今昔〜

価格
1,404
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2016年1月30日(土)

本体価格1,300円
判型:A5判 112ページ(オールカラー)
ISBN:978-4-330-64216-1
著者:池口英司

 かつて明治の終わり頃から昭和の初期にかけて、温泉を目指した鉄道が各地に敷設されました。その頃、若山牧水や田山花袋などの紀行によっても書き記されたそれらの鉄道は、早いものでは太平洋戦争前夜、その後は昭和30年代頃までにだんだんと姿を消していきました。本書では、激動の時代に敷設され消えた、また今日まで元気に続いている日本各地の温泉鉄道を、抒情豊かに書き記しています。

●《収録した鉄道》
■北海道・東北地方

定山渓鉄道(北海道)/登別温泉軌道(北海道)/花巻電鉄(岩手県)/庄内交通湯野浜線(山形県)/
秋保電気軌道(宮城県)/福島交通飯坂線(福島県)

■関東・信越地方
塩原電車(栃木県)/東武鉄道鬼怒川線(栃木県)/東武鉄道伊香保軌道線(群馬県)/草軽電気鉄道(長野県・群馬県)/
上田電鉄別所線(長野県)/長野電鉄長野(長野県)/松本電気鉄道《現アルピコ交通》浅間線(長野県)/箱根登山鉄道(神奈川県)

■東海・北陸・近畿・山陰地方
伊豆急行(静岡県)/伊豆箱根鉄道駿豆線(静岡県)/富山地方鉄道本線(富山県)/北陸鉄道加南線(石川県)/
近畿日本鉄道湯の山線(三重県)/神戸電鉄有馬線(兵庫県)米子電車軌道(鳥取県)

■四国・九州地方
伊予鉄道(愛媛県)/山鹿温泉鉄道(熊本県)


■著者紹介
池口英司(いけぐちえいじ)

交通系ライター、ブロガー、カメラマン。1956年、東京生まれ。
日本大学藝術学部写真学科卒業後、出版社勤務を経て独立。
おもな著書に『まるわかり鉄道用語の基礎知識850』(イカロス出版)、『鉄道時計ものがたり―いつの時代も鉄道員の“相棒”』(交通新聞社新書)ほか寄稿は多数。

ページの先頭へ戻る