主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

091 客車の迷宮

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2016年3月15日(火)

判型:新書判
ISBN978-4-330-65616-8
著者:和田 洋

かつて国鉄に1万両以上が在籍した客車は、現在はイベント用などにわずかの両数を数えるだけになった。
そんな「絶滅危惧種」に近い客車だが、個性豊かな車種や形式の多さは、電車などと比べてもなんら遜色がない。
むしろ画一化された最近の車両と違い、極端にいえば1両ごとにさまざまなスタイルの差や変化があって、その個性は際立っている。鉄道の全盛期に、客車は多くのヒトやモノを運び、そのためにきめ細かい工夫や改良を重ねながら複雑な変遷をたどってきた。
そんな客車の摩訶不思議な魅力を、マニア歴50年の筆者が掘り起こす。


●本書の主な内容

第1章 客車の迷宮にようこそ――まずは客車の「イロハ」から
第2章 バラバラの魅力――個性的すぎる形態や用途
第3章 小回りの良さ――抜群の使われ勝手
第4章 客車が運んださまざまなもの
第5章 変身と工夫――第2・第3の人生を
第6章 絶滅危惧種をどう守るか

■著者紹介
和田 洋(わだひろし)

昭和251950)年生まれ。神奈川県藤沢市で東海道本線の優等列車を見ながら育つ。
昭和491974)年東京大学文学部卒。新聞社勤務を経て現在は会社役員。
子供のころから鉄道車両、特に客車を愛好し、鉄道友の会客車気動車研究会会員。
著書に「『阿房列車』の時代と鉄道」(交通新聞社・鉄道友の会2015年島秀雄賞受賞作品)がある。

ページの先頭へ戻る