主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • 児童書
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

101 そうだったのか、都バス

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2016年10月14日(金)

ISBN:978-4-330-69716-1

著者:加藤佳一

 

〜懐かしの車両から最新システムまで〜

 

首都圏の人にとっては親しみのある交通、都バス。公営バスとしては日本一、民間バス会社と合わせても全国第3位の規模を誇る都バスだが、身近なようで知らないことが多い。

その都バスの全容について、都電からの引き継ぎなどの歴史、トラックの改造から始まった車両の変遷、バス停、時刻設定の謎、営業所や工場の業務といった知られざるバックヤードを紹介。

意外な路線の乗車ルポも掲載。さまざまな「なるほど」を詰め込んだ、都バスガイド。

 

●本書の主な内容

1章 知って楽しい都バスのトリビア

2章 都バス90年の道のり

3章 常に最先端をゆく都バス車両いまむかし

4章 安全を支える都バスのバックヤード

 

●著者

加藤佳一(かとう よしかず)

1986年にバス専門誌『バスジャパン』を創刊。
1993年から、バス会社ごとにまとめた『BJハンドブック』の刊行を続け、バスに関する図書も多数編集。
著書に『つばめマークのバスが行く』(交通新聞社新書)、『都バスで行く東京散歩』(洋泉社新書)、『至福の長距離バス・自由自在』(講談社+α新書)ほか。
現在月刊交通業界誌『JRガゼット』にて「知るバス」を連載中。NPO日本バス文化保存振興委員会理事。日本バス友の会会員。

 

ページの先頭へ戻る