主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

改訂版・電車基礎講座

価格
3,240
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2017年3月17日(金)

判型:B5変型判 224ページ

ISBN:978-4-330-76517-4

著者:野元 浩

 
わかりやすく好評な鉄道車両の技術解説書
待望の改訂版!

 

“知ってるつもり” から “確かな知識” へ
 

2012年3月に刊行し、好評のうちに増刷を重ねた『電車基礎講座』待望の改訂版です。進化を続ける電車の最新技術を盛り込み、従来と同様に電車が走る、また停車する時の“しくみ”について、図版と写真をふんだんに使って解説しています。鉄道の知識を深めたいレイルファンの方々はもちろん、鉄道車両の電気・機械技術を学ぼうとする技術者の方、学生の方、鉄道事業に従事する方々にも、十分ご活用いただけます。


目次
 

■「走る」
機…称モーター篇
供仝鯲モーター篇
掘仝鯲・交直流車篇
検|濺澱咾鮖箸辰深嵶省


■「曲がる・支える」
后‖羲屬隆霑鍛亮永
此‖羲岾読瑤竜’淑
察‘段綿咫‖羲崟渋じ従譴虜覗粟を見る!
次.ーブを高速で曲がるための技術篇


■「止まる」
宗 屮屮譟璽」の意味と歴史篇
勝仝什濟箸錣譴討い覲謄屮譟璽制御の解説篇
XI 基礎ブレーキ篇


■著者紹介
野元 浩(のもと ひろし)

1954年生まれ。1976年国鉄入社。車両設計事務所でブラシレスMGや交流回生システムの開発などを皮切りに、大井工場設計室でジョイフルトレインなどの設計を担当。JR発足後は、JR東日本運輸車両部車両課で車体・ぎ装を担当、251系・253系・255系・E351系・E653系・209系・215系・E217系の開発に参画したほか、旧運輸省令の性能規定化の改正、認定事業者制度の創設にも関与する。その後、JR東日本研究開発センター・先端鉄道システム開発センター勤務、次世代通勤電車E993系「ACトレイン」などの開発を集約し、環境技術研究所勤務を経て、現在は日立製作所に勤務し、輸出車両の開発に参画している。

ページの先頭へ戻る