主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

111 ここが凄い!日本の鉄道

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2017年6月15日(木)

判型:新書判

ISBN978-4-330-79417-4

著者:青田 孝


安全・正確・先進性に見る「世界一」


国土の約3分の2を山岳や丘陵等が占めるなど、起伏に富んだ地形の日本は、決して鉄道敷設に恵まれた国とは言えない。しかし、長年にわたる技術の蓄積と、持ち前の勤勉さで、今日の鉄道王国を築き上げた。その象徴である新幹線は、世界初の時速200キロ運転を実現し、欧米諸国の鉄道復権をもたらした。高度な安全性、正確無比のダイヤ、そして朝夕のラッシュアワー輸送も、日本の高度な鉄道システムだからこそなせる『技』でもある。その『凄さ』を世界の鉄道と比べてみると・・・。世界48の国と地域の鉄道を体験してきた著者が、新幹線開業から半世紀を機に、あらためて日本の鉄道の今を考える。
 

●本書の主な内容

序 章 磨き上げるのは、「旅の思い出」

第一章 半世紀前に払拭した、鉄道斜陽論

第二章 狭軌が生んだ新幹線

第三章 ところ変われば、鉄道も変わる

第四章 路面電車は時代遅れか

終 章 教科書で知る、日本のラッシュアワー


 

■著者紹介

青田 孝(あおた たかし)

昭和22年東京生まれ。日本大学生産工学部機械工学科で鉄道車両工学を学び、卒業研究として1年間、国鉄鉄道技術研究所に通う。昭和45年毎日新聞社入社。成田支局で航空機関連を取材。以後、メディア関連を担当する編集委員などを歴任し、平成15年退社、フリーランスとして執筆活動を続けている。自称「3歳からの鉄道ファン」で、現在は「海外乗りテツ」として5大陸48の国と地域の鉄道乗車体験を持つ。著書に『蒸気機関車の動態保存』『箱根の山に挑んだ鉄路』『ゼロ戦から夢の超特急』(交通新聞社新書)などがある。

 

 

 

ページの先頭へ戻る