主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

123 名古屋発ゆかりの名列車

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2018年6月15日(金)
判型:新書判
ISBN:978-4-330-88518-6
著者:徳田 耕一
 


最後のエル特急「しなの」「ひだ」「しらさぎ」も名古屋発着だった

名古屋駅は東海道新幹線の途中駅といった印象が強いが、
在来線に目を向けると信州・飛騨・北陸・南紀を結ぶ特急列車も発着している。
本書は、生まれも育ちも名古屋の著者が、国鉄時代から名古屋人に愛されてきた特急や名古屋駅で見られた
珍しい列車を、貴重な当時の写真を使いつつまとめた爛瓮皀螢▲詁彬椨瓩任△襦
 
 
●目次
序章  名古屋発 元祖名特急「おおとり」と特急大衆化の原点「エル特急」
第1章 木曽路の韋駄天列車「しなの」
第2章 飛騨路のクイーン「ひだ」
第3章 北陸特急「しらさぎ」物語
須田寛氏特別寄稿 「エル特急」最後の“名列車”を考える
第4章 きらめく紀州路への特別急行「南紀」
第5章 名古屋始発 懐かしの列車たち
 

■著者紹介
徳田 耕一(とくだ こういち)

交通ライター。昭和27年(1952)、名古屋市生まれ。名城大学卒業。
旅行業界の経験もあり、実学を活かし観光系の大学や専門学校で観光学の教鞭をとる。
鈴鹿国際大学(現=鈴鹿大学)と鈴鹿短期大学では客員教授を務め、現在は他校で同職。
鉄道旅行博士、はこだて観光大使(函館市)。主な著書に『名古屋駅物語』『名古屋鉄道 今昔』(交通新聞社)、
『東海の快速列車 117系栄光の物語』(JTBパブリッシング)。ほか多数。

 

ページの先頭へ戻る