主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

124 こんなに違うJALとANA

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2018年6月15日(金)
判型:新書判
ISBN:978-4-330-88618-3
著者:杉浦 一機
 


2020年に向けてさらに激化するJALvsANA

JALとANAは、数ある日本企業のなかでも永遠の良きライバルだ。
半世紀以上にわたって航空会社ナンバー1と2の関係にあり、長らくJALがトップだったが、
経営破綻を機に、ついに1位と2位が入れ替わった。
ANAはトップに躍り出たものの、JALは再生によって抜群の収益力を持つ新しい企業に生まれ変わった。
2020年に向けた発着枠の争いやLCCの躍進など、激変する航空界にあって両社の今後の戦いぶりへの注目度はかなり高い。
そんな今だからこそ両社をじっくり比べ、何がどう違っているのかを徹底分析。
おなじみの航空会社の特徴がわかる、なるほどの一冊。
 

●目次
第1章 そもそも社風が違うANAとJAL
第2章 データで見る両社の実力
第3章 JALとANA,その歴史と両社の戦い
第4章 両社が並んで戦いは新次元に
第5章 異なる企業戦略
第6章 未来に向けて、さらに競い合う
 

■著者紹介
杉浦 一機(すぎうら かずき)

昭和22(1947)年生まれ。航空アナリスト。首都大学東京客員教授。
利用者サイドに立ったユニークな評論をモットーに活躍中。東京都や成田市の航空および空港問題の委員会委員などを歴任。
著書に『進む航空と鉄道のコラボ』『日本の空はこう変わる』(交通新聞社新書)、『間違いだらけのLCC選び』『JAL再建の行方』(草思社)、
『エアライン敗戦』(中央公論新社)、『空の上の格差社会』『激安エアラインの時代』(平凡社新書)など。

 

ページの先頭へ戻る