主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

026 国鉄列車ダイヤ千一夜

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2011年2月15日

判型:新書判

ISBN9784330193113
著者:猪口 信
 

国鉄勤務35年、うち25年を輸送計画に深く関わった著者によるダイヤ作成秘話

本書では、昭和45年の万博輸送、昭和503月の山陽新幹線博多開業、昭和603月の東北・上越新幹線上野開業等で手掛けたダイヤ改正や新線開業、臨時列車設定などの際のお宝エピソードを大公開。路線上に空いている時間帯を探し、車両や人員を確保し、日本全国に効率よく列車を走らせる。コンピューター化以前、手作業時代の悪戦苦闘の話の中には、当時の世相も垣間見える。また、チマタの疑問「ダイヤはどうやって作るのか?」の答えもここにある。

本書の主な内容

1話 昭和503月、山陽新幹線博多開業まで

2話 昭和30年代の運転指令室

3話 昭和30年代の運転指令室

4話 湘南・伊豆への優等列車物語

5話 万博輸送の思い出

6話 熱い夏に土用波が教えた「はつかり51号」

7話 首都圏の「顔」山手線電車

8話 首都圏の「顔」山手線電車

9話 武蔵野線ダイヤ今昔物語

10話 武蔵野線ダイヤ今昔物語

11話 増発から減量へと転じたダイヤ改正

12話 科学博輸送計画と603改正に思う

13話 科学博輸送計画と603改正に思う

14話 東北・上越新幹線の上野開業と603改正

15話 発想の転換が生み出した大ヒット商品

著者紹介
猪口 信(いのぐちまこと)

昭和7年生まれ。昭和25年国鉄に入社し、昭和35年東京鉄道管理局・東京南鉄道管理局列車課で指令業務・ダイヤ改正を担当。昭和449月国鉄本社運転局運転課に転勤し、全国の特急・急行の列車計画、新幹線の開業業務、西日本線区の基本計画等を手掛ける。その後、新幹線総局列車課輔佐、首都圏本部列車課輔佐を経て、昭和603月首都圏本部列車課長に。東北・上越新幹線開業に参画し、昭和613月国鉄を退職。弘済出版社勤務ののち、第三セクター鉄道等協議会事務局次長を務め、退職後も列車輸送の変遷を追求整理している。著書に『国鉄特急変遷史』『JR特急10年の歩み』(いずれも弘済出版社)など。
 

配信電子書店リストはこちら

ページの先頭へ戻る