主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • こどものほん
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

044 命のビザ、遥かなる旅路

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2012年6月15日

判型:新書判
ISBN:978-4-330-29112-3
著者:北出 明

杉原千畝を陰で支えた日本人たち

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツの迫害から逃れるため、多くのユダヤ人がポーランドに隣接するリトアニアに逃げ込んだ。それは逃げ道を失った彼らが日本経由の脱出ルートに最後の望みを託し、日本の通過査証を求めてのことだった。このとき首都カウナスの日本領事館にはこの歴史ドラマの主人公杉原千畝がいた。本書では、このとき発給された「杉原ビザ」を手にした多くのユダヤ人に救いの手を差しのべた、福井県敦賀や神戸の人々、JTBや日本郵船の職員など、知られざる日本人たちの存在をクローズアップする。

本書の主な内容

序 章 一本の電話
第1章 知られざるJTBの貢献
第2章 アルバムに残された写真
第3章 人道の港 敦賀
第4章 スギハラ・チルドレンを訪ねて
第5章 ユダヤ残影―1941年の神戸―
第6章 日本郵船が果たした役割
終 章 氷川丸抒情

著者紹介
北出明(きたであきら)
1944年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。66年慶應義塾大学文学部仏文科卒、国際観光振興会(現・国際観光振興機構=JNTO)に就職。ジュネーブ、ダラス、ソウルの各在外事務所に勤務。98年国際観光振興機構コンベンション誘致部長。2004年JNTO退職。著書に『風雪の歌人』(講談社出版サービスセンター)、『争いのなき国となれ』(英治出版)、『韓国の観光カリスマ』(交通新聞社)、『釜山港物語』(社会評論社)がある。

 

配信電子書店リストはこちら

ページの先頭へ戻る