主なカテゴリ
  • 時刻表
  • 雑誌
  • 書籍
  • 児童書
  • 新書
  • 新聞
  • 会社案内 企業・書店様へ

ショッピングカートを見る

 

057 空港まで1時間は遠すぎる!?

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2013年8月16日

判型:新書判

ISBN978-4-330-39413-8

著者:谷川一巳

 

日本の鉄道レベルは世界一といってもいいのに、“空港アクセス鉄道”となると、成田エクスプレスやスカイライナー、はるか、ラピートなど立派な車両があり、整備されてはいるものの、使い勝手やサービスなど完璧ではない。問題点はどこにあるのか。空港ごとに歴史を紐解きつつ、競合する空港バスや変化の激しい航空事情など多岐にわたる視点から、その課題をあぶり出す。また、海外の事例も比較参考にしながら、国内外問わず豊富な旅行経験を持つ著者の、利用者としての提言も織り交ぜていく。

 

本書の主な内容


プロローグ 

第1章 日本の玄関となる成田、羽田、関西各空港のアクセス鉄道

第2章 鉄道アクセスが定着している新千歳空港、中部国際空港、福岡空港

第3章 鉄道アクセスがあるその他の空港

第4章 そのほか、鉄道がアクセスに関係している空港

第5章 海外の空港に見るアクセス鉄道

あとがき

世界の空港アクセス鉄道一覧

 

著者紹介

谷川一巳(たにがわひとみ)

昭和33年(1958)、横浜市生まれ。日本大学卒業。旅行会社勤務を経てフリーライターに。雑誌、書籍で世界の公共交通機関や旅行に関する執筆を行う。訪れた空港は230以上、約60空港の空港アクセス鉄道を利用した。著書に『速さだけが「空の旅」か』(光文社)、『航空検定』(河出書房新社)、『バスの常識と秘密』(イカロス出版)、『まだある旅客機・空港の謎と不思議』(東京堂出版)など。

ページの先頭へ戻る