商品一覧

123 名古屋発ゆかりの名列車

商品名  : 123 名古屋発ゆかりの名列車
 
発売日:2018年6月15日(金) 
 
価格 : 864円(税込)

 判型:新書判 ISBN:978-4-330-88518-6 著者:徳田 耕一   最後のエル特急「しなの」「ひだ」「しらさぎ」も名古屋発着だった 名古屋駅は東海道新幹線の途中駅といった印象が強いが、 在来線に目を向けると信州・飛騨・北陸・南紀を結ぶ特急列車も発着している... 
 
093 寝ても覚めても国鉄マン

商品名  : 093 寝ても覚めても国鉄マン
 
発売日:2016年4月15日(金) 
 
価格 : 864円(税込)

 ISBN:978-4-330-66716-4 著者:石井妙子   妻が語る、夫と転勤家族の20年   昭和42(1967)年、夫の転勤先の四国・高松で長男を産んだ。線路際の宿舎の横を蒸気機関車が現役で走っていた。以来、長くて4年、短いときは1年で引っ越しを繰り返す――。 ... 
 
080 東京の鉄道ネットワークはこうつくられた

商品名  : 080 東京の鉄道ネットワークはこうつくられた
 
発売日:2015年6月15日 
 
価格 : 950円(税込)

 判型:新書判 ISBN:978-4-330-57115-7 著者:眈勝[伏   東京を大東京に変えた五方面作戦 東京都心と郊外とを結ぶ通勤輸送の抜本的改善策として、放射状に東海道線(神奈川)・中央線(東京西部)・東北線(埼玉)・常磐線(茨城)・総武線(千葉)へと延びる... 
 
078 「夢の超特急」誕生

商品名  : 078 「夢の超特急」誕生
 
発売日:2015年2月16日 
 
価格 : 864円(税込)

 判型:新書判 ISBN:978-4-330-54015-3 編著者:交通新聞社新書編集部   秘蔵写真で見る東海道新幹線開発史   明治31年(1898)発刊の「鉄道時報」を嚆矢とし、長年日本の交通・運輸・観光について情報発信してきた専門紙「交通新聞」。そのなかから、東海道新... 
 
076 碓氷峠を越えたアプト式鉄道

商品名  : 076 碓氷峠を越えたアプト式鉄道
 
発売日:2015年2月16日 
 
価格 : 864円(税込)

 判型:新書判 ISBN:978-4-330-53815-0 著者:清水昇 66.7パーミルへの挑戦 古くから難所と知られている碓氷峠。明治時代に鉄道が開通し、各地に線路が伸びてゆくなか、碓氷峠をいかにして越えるかは大きな課題となっていた。急勾配による建設の断念、鉄道馬車の営業な... 
 
075 鉄道一族三代記

商品名  : 075 鉄道一族三代記
 
発売日:2015年2月16日 
 
価格 : 864円(税込)

 判型:新書判ISBN:978-4-330-53715-3著者:米屋こうじ 国鉄マンを見て育った三代目はカメラマン 国鉄が分割民営化されてからすでに四半世紀、国鉄やその周辺で働いていた職員たちも高齢化、鬼籍に入る人も増えてきた。しかし、戦後復興期から日本を支えてきた国鉄の貴... 
 
065 つばめマークのバスが行く

商品名  : 065 つばめマークのバスが行く
 
発売日:2014年4月15日 
 
価格 : 864円(税込)

 判型:新書判 ISBN:978-4-330-45914-1 著者:加藤佳一   時代とともに走る国鉄・JRバス   戦前の鉄道省・省営バスから国鉄バス時代、分割民営化を経て開業80年を超えるJRバス。 しかしそれは、国の交通施策に左右され、厳しい時代の変革にもまれてきた波... 
 
063 青函連絡船物語

商品名  : 063 青函連絡船物語
 
発売日:2014年2月15日 
 
価格 : 864円(税込)

 判型:新書判ISBN:978-4-330-43714-9 著者:大神 隆   風雪を越えて津軽海峡をつないだ61マイルの物語   青函連絡船が80年に及ぶ歴史を閉じた1988(昭和63)年から四半世紀、最終便を飾った「羊蹄丸」もついに解体された。この間、航路開設以来の歴史や船の... 
 
055 青函トンネル物語

商品名  : 055 青函トンネル物語
 
発売日:2013年6月15日 
 
価格 : 864円(税込)

 判型:新書判 ISBN:978-4-330-37613-4 編著:青函トンネル物語編集委員会   津軽海峡の底を掘り抜いた男たち    膨大な費用と時間を費やし、時に国民の非難にさらされた青函トンネル。だが、世界が「歴史上この事業に匹敵する技術的建設事業はない」と絶賛... 
 
042 思い出の省線電車

商品名  : 042 思い出の省線電車
 
発売日:2012年4月16日 
 
価格 : 864円(税込)

  判型:新書判 ISBN:978-4-330-28412-5 著者:沢柳健一戦前から戦後の「省電」「国電」   現在のJRの前身「国鉄」のさらに前の「鉄道省」が管理・運営していた「省電」。小学生だった昭和初期、池袋電車区を訪問したのを皮切りに電車への興味が深まっていく著者... 
 
032 箱根の山に挑んだ鉄路

商品名  : 032 箱根の山に挑んだ鉄路
 
発売日:2011年8月15日 
 
価格 : 864円(税込)

 判型:新書判 ISBN978‐4‐330‐23111‐2 著者:青田 孝 『天下の険』を越えた技 日本を代表する大温泉地であり、また、明治以降早くから高級別荘地として開け、首都・東京の奥座敷として発展してきた「箱根」。 その麓に位置する箱根湯本と山間の強羅間8.9kmを結ぶ... 
 
026 国鉄列車ダイヤ千一夜

商品名  : 026 国鉄列車ダイヤ千一夜
 
発売日:2011年2月15日 
 
価格 : 864円(税込)

 判型:新書判 ISBN978‐4‐330‐19311‐3著者:猪口 信  国鉄勤務35年、うち25年を輸送計画に深く関わった著者によるダイヤ作成秘話 本書では、昭和45年の万博輸送、昭和50年3月の山陽新幹線博多開業、昭和60年3月の東北・上越新幹線上野開業等で手掛けたダイヤ改... 
 
022 国鉄/JR 列車編成の謎を解く

商品名  : 022 国鉄/JR 列車編成の謎を解く
 
発売日:2010年10月15日 
 
価格 : 864円(税込)

 判型:新書判 ISBN:978-4-330-17410-5 著者:佐藤正樹 新幹線はなぜ16両になったのか? 食堂車の「食堂」以外の大事な役割とは? 冷房装置があるのに冷房が効かないのはなぜ? 列車とは、1両1両の車両がつながって編成を組んでいるわけだが、それには一定の法則があ... 
 
020 国鉄スワローズ1950-1964

商品名  : 020 国鉄スワローズ1950-1964
 
発売日:2010年8月15日 
 
価格 : 864円(税込)

  判型:新書判 ISBN:978-4-330-15610-1 著者:堤哲 400勝投手と愛すべき万年Bクラス球団 戦後日本が高度成長期にあった15年間、成績はパッとしなかったが、独特の存在感でファンを魅了した球団があった。 その名は、400勝投手・金田正一を擁した「国鉄スワローズ」... 
 
010 食堂車乗務員物語 

商品名  : 010 食堂車乗務員物語 
 
発売日:2009年12月15日 
 
価格 : 864円(税込)

 判型:新書判 ISBN:978-4-330-11009-7 著者:宇都宮照信 あの頃、ご飯は石炭レンジで炊いていた 今では一部の寝台列車に残るのみだが、かつては贅沢な旅の象徴であり、 憧れの鉄道旅行シーンの代表格であった食堂車。 本書は、その食堂車の全盛期に乗務をしていた著... 
 
004 ニッポン鉄道遺産 

商品名  : 004 ニッポン鉄道遺産 
 
発売日:2009年6月15日 
 
価格 : 864円(税込)

   判型:新書判 ISBN:978-4-330-07509-9 著者:斉木実・米屋浩二 列車に栓抜きがあった頃 国鉄時代、さらには日本に初めて鉄道が走った明治時代からの施設・設備・車両などで、今でも使用されていたり、 または鉄道員や地元の人たちの手で大切に残されているも...