062 東西「駅そば」探訪

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2013年12月16日
判型:新書判
ISBN:978-4-330-43113-0
著者:鈴木 弘毅

 
和製ファストフードに見る日本の食文化
 

「駅そば」は、それぞれの土地に根づいた食文化が生みだす味やメニューを提供する、
オリジナリティに富んだ究極の“限定グルメ”と言える。
直通運転の増加などで駅の滞在時間が短くなり、駅ナカグルメの台頭など多くのライバル店が登場するなか、
「駅そば」は和食の伝統を守りながら美味しさを追究し、進化し続けている。
幼い頃から「駅そば」に親しみ、その魅力を探求し続けている「駅そば」研究の第一人者が、
綿密な取材と豊富なデータをもとにおくる東西「駅そば」の最新事情。
つゆのように奥深〜い「駅そば」の世界を、存分に味わってください!
 

本書の主な内容
 
序 章 比べると面白い「東西の違い」
第1章 麺・つゆの東西「駅そば」味くらべ
第2章 似て非なる東西の「駅そば」
第3章 関東ならではの「駅そば」ラインナップ
第4章 関西ならではの「駅そば」ラインナップ
終 章 水が違う関東と関西
 

著者紹介
鈴木弘毅(すずき ひろき)
 昭和48(1973)年、埼玉県生まれ。中央大学文学部卒業。「駅そば」を筆頭に、道の駅、スーパー、健康ランドなど旅にまつわる様々なB級要素を研究し、独自の旅のスタイルを提唱、雑誌などに情報を寄稿する「旅のスピンオフ・ライター」として活動。これまでに巡った駅そば店(駅周辺を含む)は、全国に約2000軒。著書に『「駅そば」読本』『ご当地「駅そば」劇場』(いずれも交通新聞社)がある。