066 車両を造るという仕事

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2014年4月15日
判型:新書判
ISBN:978-4-330-46014-7
著者:里田 啓

 

元営団車両部長が語る地下鉄発達史

鉄道にめざめた少年時代から、戦火をくぐり抜けアンカー苦学を続けた学生時代、戦後の厳しい世情のなか晴れて営団地下鉄(現・東京メトロ)に就職し、新造車両の開発・設計に従事した「鉄道人生75年」を記した自伝。戦前日本の世相、一サラリーマンから見た鉄道会社事情や車両設計の発展など、細微に書き記されたリアルな記録としても貴重なものといえるが、それ以上に、飄々とした文章のなかに綴られた光と影、栄光と辛苦とが交錯するそのサラリーマン人生には、平成の世でも大いに共感し、また、その提言は傾聴に値するものがあるのではないだろうか。

 
●本書の主な内容
序 章 鉄道少年だった頃
第1章 鉄道をめざして
第2章 新米車両課員の日々
第3章 日比谷線3000系の開発
第4章 車両基地の新設と改良計画
第5章 新造車両輸送の仕事
第6章 5000系アルミ車両の設計
第7章 千代田線6000系の開発
第8章 初めての海外出張
第9章 千代田線直通運転と6000系量産車
第10章 新交通システムへの関与
第11章 ボルスタレス台車の試作
第12章 半蔵門線8000系の開発
第13章 車両部長の仕事
第14章 銀座線の近代化と01系
終 章 二兎を追う者

 
■著者紹介
里田  啓(さとだ けい)

1930(昭和5)年、広島生まれ。早稲田大学第一理工学部機械工学科卒。営団地下鉄で台車・車体の開発・設計を担当。車両課長・設計課長を経て車両部長。以降、三菱電機、交通システム企画(丸紅)に勤務、一貫して都市交通関係の業務に携わる。鉄道誌、学会誌、鉄道関連協会機関誌などに執筆多数。1975(昭和50)年、日本ヨハン・シュトラウス協会入会。運営委員・理事を経て現在会員。目下「わが国におけるウィーン音楽の受容と変遷」連続レクチャーを担当。