元気になれる秩父おへんろさんぽ

価格
1,296
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2015年9月30日(水)
判型:A5判
ISBN:978-4-330-60415-2
著者:さとうみゆき


秩父で「おへんろ」できるって知ってました?
34カ所に点在するお寺を巡る、四国おへんろのコンパクト版のようなもの。
それでも総道程は約100kmで、全部歩くとけっこうハード。
そんな秩父おへんろに、イラストレーターの著者が挑戦してみました。
難病を経験し、体力に自信もないけれど、なんとなく開運を求めて行ってみたら……。

モットーは「ムリをしない」「危ないことは避ける」「おいしいものをたんまり食べる」。
昔の巡礼古道やレトロモダンな市街地、のどかな田園風景、険しい峠道などを歩き、
絶品グルメや絶景、地元の人の優しさに触れ、ちょっとしたミラクルもあり。
「いいこと」盛りだくさんの秩父おへんろさんぽ旅を、
コミカルなマンガ&写真&エッセイで魅力たっぷりに伝えます。
 

【内容】

■第1章 ビギナーおへんろいざ行かん!
1日目 初日から西条秀樹が熱唱の一〜五番
<コラム>楽しみでたまらなかったおへんろ旅


■第2章 秩父に癒やされる
2日目 武甲山を望みながらのんびり歩く六〜十一番
3日目 レトロモダンな秩父の市街地を行く十二〜十九番
<コラム>いつまでもそのままで……番場通り


■第3章 ちょっと迷走
4日目 レンタサイクルもアリの二十〜二十二番
5日目 くじけそうになった二十三〜二十七番
<コラム>お寺でショッピング


■第4章 やっぱり歩くのって気持ちいい
6日目 歩くことの楽しさに目覚めた二十八〜三十番
<コラム>こんなグッズを買いました


■第5章 もうひとふんばりで結願
7日目 どんどん元気になる自分を感じた三十一番
8日目 結願に向けて歩く歩く歩く!三十二〜三十三番
9日目 テンションMAXで到達!三十四番
<コラム>大切な杖


■第6章 楽しすぎる秩父道草ガイド
食べておきたい秩父ご当地グルメ
レトロ&シブシブ! いぶし銀の名店
こじゃれたレストランもあり。
巡礼疲れを癒やすカフェ
結願後のごほうび酒&肉
買い食いdeパワーチャージ
絶景&ご利益アップのパワスポ
秩父を学べる資料館&案内所
いい湯&いい宿
巡礼そっちのけで買い物!!
秩父札所一覧データ


【著者紹介】
さとうみゆき

イラストレーター。北海道生まれ、東京都在住。
編集プロダクション勤務を経てフリーに。2011年に原因不明の難病成人スティル病を発症し、その経緯をユーモラスに描いたコミックエッセイ『なんびょうにっき』(大洋図書)を2013年発刊。
現在は寛解し平常の生活を送る。月刊「散歩の達人」等さまざまな雑誌で活躍。