084 首都東京 地下鉄の秘密を探る

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2015年12月15日(火)
判型:新書判
ISBN:978-4-330-62615-4
著者:渡部史絵



歴史・車両・駅から見た地下路線網

都内の移動に欠かせない足となっている地下鉄。
この地下鉄が東京に初めて開通したのが昭和2年(1927)のことだった。浅草〜上野間のわずか2・2キロから始まった地下鉄は、どのようにして現在のようなネットワークを築くに至ったのか。なぜ、東京メトロと都営地下鉄の2事業者が運営しているのか。
いまではあたりまえに行なわれている私鉄との相互直通運転実現の背景や、車両の変遷、深度化する駅、未来への展望を雑学も交えつつ解説する。


●本書の主な内容
第1章 首都を走る地下鉄の歴史
第2章 東京メトロ(営団地下鉄)
第3章 都営地下鉄
第4章 未成線と地下鉄のこれから

 
■著者紹介
渡部史絵(わたなべしえ)

埼玉県出身。タレント・女優業を経て鉄道ジャーナリスト。
鉄道にまつわる書籍執筆や監修を手掛け、鉄道の魅力を幅広く発信。
各種媒体への執筆活動以外に、講演も数多く行なう。
著書に『譲渡された鉄道車両』『路面電車の謎と不思議』(ともに東京堂出版)『鉄道のナゾ謎100』『鉄道のナゾ謎99』(ともにネコ・パブリッシング)、『進化する路面電車』(共著/交通新聞社)など。