国鉄広報部専属カメラマンの光跡

価格
1,620
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2017年3月7日(火)
ISBN:978-4-330-76417-7
著者:荒川好夫


鉄道写真界の大御所、荒川好夫氏の著による、旧国鉄本社広報部の専属カメラマン時代のフォトエッセイ集です。
主として1969〜1987年に行なわれた撮影取材の成果を中心に、今だから明かせる撮影行での緊張感や心温まるエピソードを時系列を追って紹介しています。


●《おもな収録内容》
■巻頭グラフ   国鉄のあった風景
■1969年 僕は泳ぎたいとカメラは言った? 室蘭本線礼文〜大岸(旧線)
■1969年 着替えを入れたバッグに宿代を払う 四国の「阿波おどり」
■1970年 後楽園球場 東京都文京区
■1970年 駅長がグリーン車まで出迎えに…… 日本全国
■1971年 伯備線のお召列車 クルマで取材中のトラブルあれこれ(その1)
■1971年 湿度100%!新関門トンネル工事現場 山陽新幹線新下関〜小倉間(開業前)
■1971年 関門トンネル内のお掃除 山陽本線下関〜門司間
■1972年 残雪の回廊に響く「つばめバスガール」の産声 青森自動車営業所
■1972年 第100回鉄道記念日 国鉄本社
■1980年 白バイに追跡される 都内某所
■1981年 雪国の回想 長岡保線区小出支区
■1982年 開業前の東北新幹線福島〜白石蔵王間 クルマで取材中のトラブルあれこれ(その2)
■1982年 撮影機材盗難事件 301レ急行「妙高」
■1984年 日豊本線高鍋付近での奮闘 クルマで取材中のトラブルあれこれ(その3)
■1985年 晩夏にタイヤチェーン?奥羽本線赤岩付近 クルマで取材中のトラブルあれこれ(その4)
■1987年 国鉄最終期の北海道にて クルマで取材中のトラブルあれこれ(その5)
■1987年 日本国有鉄道からJRへ 都内各所
■巻末グラフ 日本の風土を撮る


【著者紹介】
荒川好夫(あらかわよしお)

1946年10月30日東京生まれ。1967年東京写真短期大学(現・東京工芸大学)を卒業。
1968年8月から旧国鉄本社広報部の専属カメラマンとして国鉄が分割民営化するまで、広報、宣伝用写真撮影に従事し、1971年には有限会社レイルウエイズグラフィック(RGG)を設立。