でんしゃにのるよ ひとりでのるよ

価格
1,404
数量

カートに入れる

この商品について

初版:2018年3月26日(月)
サイズ:縦204mm×横260mm
ISBN:978-4-330-87018-2
さく:村せひでのぶ
え:宮澤ナツ
 
 

ちょっとの背伸びが、子どもをぐーんとおおきくする!
はじめてひとりで電車に乗った少年の冒険譚。

 
おじいちゃんの住む町まで、はじめてひとりで電車に乗った主人公の少年、はると。
改札口や売店、ホーム……いつもの景色が違って見えます。
途中、知らない人に話しかけられたり、電車を乗り間違えてしまったり、
予想外の出来事に、主人公はハラハラどきどき……。
 
ひとりでできるってきもちいい!
そんな体験をお子さまにさせたくなる一冊です。
 
 
村せひでのぶ(さく)
1975年、神奈川県茅ケ崎市生まれ。ライター・著述家・エ本作家。
相模線沿線の街で生まれ育ち、2000年頃から雑誌・書籍を中心とした文筆業を営む。
著書に『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』(小社)、『4522敗の記憶』(双葉社)など。
 
宮澤ナツ(え)
1967年、長野県岡谷市生まれ。絵本作家・イラストレーター。
広告、出版、ワークショップなどで活動中。絵本に『らったくんのばんごはん』(作・坂根美佳/福音館書店)、
『がんばれ、なみちゃん!』(作・くすのきしげのり/講談社)、「かっぱのこうぶつ」(家の光協会)など。