JRガゼット2018年11月号

価格
627
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2018年11月1日(木)
特集 
広報部門の取り組み
企業の持続的な発展に向けて〜


〜巻頭グラビア〜
未来クリエイター愛知 〜想像を超える旅へ。〜
愛知デスティネーションキャンペーン
「ツーリズムEXPOジャパン2018」開催


【コメンタリー】
◇JR東海 沿線の魅力発信サイト「いいもの探訪」の取り組み
◇JR四国 関連事業における新規事業の取り組み
◇JR貨物 「東京貨物ターミナル駅高度利用プロジェクト」の推進

【information】
◇JTB 「観光列車」についてのアンケート調査結果を公表 ほか
 
■連載■
【駅メン紀行】
▶そばも“ちょい飲み” も駅そば店とは思えぬクオリティ
〜相鉄本線ほか二俣川駅〜
【GLOBAL REPORT】〜JR東日本 国際事業本部 ニューヨーク事務所〜
▶米国の公共交通事業におけるダイバーシティ・アンド・インクルージョン
【大手民鉄はいま…】
▶持株会社と大手民鉄
【鉄道を支える匠の技】
▶検査、計測から設計まで、卓越した技術が生み出す、安定した走行
 軌道保守・測定の蠧本線路技術
【新車紹介】
▶JR西日本 227系1000番代
【公共交通の新潮流 】
▶アクティブシニアが都市鉄道におよぼす影響
【知るバス】
▶関電トンネルトロリーバスが来シーズンから電気バスに!
 コラム  高度経済成長期まで全国6都市にあったトロリーバスの路線
【Mobile×Transport】
▶トヨタ・ソフトバンクの2社がねらう「自動運転経済圏」
【「日本鉄道賞」ニュース】
<国土交通省 鉄道局 鉄道サービス政策室>
第17回「日本鉄道賞」の受賞者を発表
▶阿里山森林鉄路
▶小田急電鉄・東京都・世田谷区
地域と協働した鉄道整備と沿線まちづくり
▶杉本聖奈&Nan-na工房
 アートで新たな鉄道の魅力創造
【ニュースネット】
【あっとランダム】

*【インバウンド研究所】は休載します。
*【Airline Laboratory】は次号(12月号)の掲載となります。


☆次号予告☆
2018年12月号の発売日は、
121日(土)の予定です。
 
CONTENTS
●特集
地域開発
〜鉄道の強みを活かした街づくり〜
 自治体等との連携による駅周辺開発、自社用地を活用したホテルやマンション、複合ビルの建設など、JR各社の鉄道の強みを活かした地域開発の現状について紹介します。
●コメンタリー
品川開発プロジェクト(第鬼)の概要(JR東日本)
自動車活用の取り組み(JR西日本)
イノトランス2018に参加して(海外鉄道技術協力協会)
●鉄道を支える匠の技
 駅情報表示装置製造の蠖畦杣
●フライト・ルポルタージュ
 LCCも取り組み始めたパイロットの自社養成
 
*編集の都合により、内容が変更になる場合があります。