JRガゼット 2019年1月号

価格
627
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2019年1月1日(火)
特集
安全対策
〜さらに信頼される鉄道の実現〜


〜巻頭グラビア〜
JR北海道
・電気式気動車H100形「DECMO」
・苗穂駅新駅舎開業
・「JRイン千歳」がオープン


2019年 年頭所感 JR旅客・貨物会社社長
【特別寄稿】サービスロボット
―AI技術が生み出す近未来社会と交通革命 【本田 幸夫】


■連載■
【駅メン紀行】
▶町民の心に宿る「アンペそば」を官民一体となって復刻
〜JR奥羽本線北常盤駅〜
【GLOBAL REPORT】〜JR東日本 国際事業本部 シンガポール事務所〜
▶シンガポールのエキナカ事情
【大手民鉄はいま…】
▶ターミナルの再開発
【鉄道を支える匠の技】
▶百年の歴史が育んだ、国産初のパンタグラフ
パンタグラフ製造の東洋電機製造
【Mobile×Transport】
▶注目度高まるキーワード「MaaS」とは何か
【「日本鉄道賞」ニュース】
<国土交通省 鉄道局 鉄道サービス政策室>
「アートで新たな鉄道の魅力創造」特別賞
▶ 杉本聖奈&Nan-na工房
人と鉄道が織りなす世界を表現し、鉄道と利用者に活力を与える創作活動
【知るバス】
▶大阪の市バスを引き継いだ大阪シティバス
<コラム>
全国で相次ぐ公営バスの民営化
民間事業者で活躍する市営バス車両
【ニュースネット】


*【Airline Laboratory】は次号(2月号)の掲載となります。
*【新車紹介】【インバウンド研究所】【あっとランダム】は休載します。


☆次号予告☆
2019年2月号の発売日は、
2月1日(金)の予定です。

CONTENTS
●特集

環境保護・エネルギー対策
〜地球にやさしい鉄道の実現〜

新しい技術の採用や設備・機器、システム等の導入、体制づくりや人材育成など、JR旅客・貨物各社の環境保護・エネルギー対策に関する近年の取り組みを中心に紹介します。

―連載など―
●コメンタリー
サービス付き高齢者住宅「ブラン」の展開(JR北海道)
日韓航路の歩みと新型高速船の導入(JR九州)
●鉄道を支える匠の技
鉄道運転シミュレータ製造の蟆山擺
●Airline Laboratory
20年後に世界の航空旅客は2倍になる

*編集の都合により、内容が変更になる場合があります。