JRガゼット 2019年3月号

価格
627
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2019年3月1日(金)
特集
海外鉄道事業と国際交流
〜鉄道事業のさらなる発展に向けて〜


〜巻頭グラビア〜
JR主要各社の国際関連の取り組み
JR四国の新型特急用気動車「2700系」が誕生

コメンタリー
○JR東日本
山手線E235系における自動列車運転装置の開発

Information
JRグループ旅客6社 春の増発列車の概要
蠧通総合研究所
「2018・2019年度の経済と貨物輸送の見通し」を公表
東京都交通局 3カ年の「経営計画2019」を発表

■連載■
【駅メン紀行】
▶郷土と球団は一蓮托生
赤いうどんに込めた地元愛
〜JR山陽本線ほか広島駅〜
【GLOBAL REPORT】〜JR東日本 国際事業本部 ニューヨーク事務所〜
▶CES2019から見える米国トランスポーテーションの将来像
【大手民鉄はいま…】
▶相互直通運転
【鉄道を支える匠の技】
▶ブレーキとドアを中心に、支え続ける新幹線の開発
ブレーキ装置とドア開閉装置製造のナブテスコ
【Mobile×Transport】
▶見えてきた5Gの理想と現実
【インバウンド研究所】(最終回)
日本を世界一のショッピングデスティネーションとするためのジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)の取り組みについて
一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)
【知るバス】
JRバスグループで活躍する鉄道各社とのタイアップバス
<コラム>冬季限定! 草津温泉で活躍中の「はやぶさカラーバス」
【「日本鉄道賞」ニュース】
<国土交通省 鉄道局 鉄道サービス政策室>
▶JR東日本・東京都
東京駅丸の内駅前広場整備
〜首都東京の「顔」の創出に向けて〜
▶鉄道総研
豊かな社会の実現に貢献するグリーン鉄道への取り組み
【新車紹介】
▶西武鉄道 001系「Laview(ラビュー)」
【ニュースネット】
【あっとランダム】

*【Airline Laboratory】は次号(4月号)の掲載となります。



☆次号予告☆
2019年4月号の発売日は、
4月1日(月)の予定です。

CONTENTS
●特集

人材の育成
〜企業力のさらなる向上を図る〜
職制に応じた研修内容の充実、自己啓発やモチベーション向上等に資する仕組みづくり、業務改革や職場環境の改善など、人材の育成に対するJR各社の近年の取り組みを中心に紹介します。

―連載など―
●Airline Laboratory
成田空港の運用時間が今秋から拡大
●鉄道を支える匠の技
可動式ホーム柵の蟲三製作所
●information
静岡デスティネーションキャンペーン開幕 ほか


*編集の都合により、内容が変更になる場合があります。