JRガゼット 2019年8月号

価格
627
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2019年8月1日(木)
特集
シニアマーケットの開拓
〜上質なアクティブ世代への商品訴求〜


第2特集
東京2020大会を1年後に控えて

〜巻頭グラビア〜
『もっと、もーっと! くまもっと』楽しい旅になる。
熊本デスティネーションキャンペーン開催中

COMMENTARY
◇JRシステム
2018年度決算の概要

Information
◇JR貨物
 「JR貨物グループ中期経営計画2023」の概要

◇観光庁
 令和元年版『観光白書』を公表

◇京成電鉄株式会社
 「京成グループ中期経営計画E4プラン
(2019-2021年度)」の概要

■連載■
【GLOBAL REPORT】〜JR東日本 国際事業本部 ロンドン事務所〜
▶英国鉄道の運行信頼性とその対策
 【公共交通の新潮流 vol.6】
▶MaaSの可能性:“派生需要としての交通”から
 “産業とモビリティの共創”へ
【大手民鉄はいま…】
▶鉄道事業における2019年度の設備投資計画を見る
 【鉄道を支える匠の技】
▶世界に先駆け自動改札機を開発、ねらいは駅の省力化と混雑解消
 駅務機器製造の
 オムロン ソーシアルソリューションズ株式会社
 【Airline Laboratory】
▶国内線サービスを強化するJALとANA
 【Mobile×Transport】
▶「7pay問題」の本質とバーコード決済の必要性
 【「日本鉄道賞」ニュース】
 <国土交通省 鉄道局 鉄道サービス政策室>
▶若桜鉄道・若桜町・八頭町
 八頭・若桜の夢をのせて若桜鉄道観光列車「昭和」出発進行
【駅メン紀行】
 ▶クリーミーな「みしまコロッケ」をそばにのせて、より美味しく
 〜JR東海道本線ほか三島駅〜

【ニュースプラザ】

*【知るバス】は次号(9月号)の掲載となります。




☆次号予告☆
2019年9月号の発売日は、
9月1日(日)の予定です。

CONTENTS
●特集
 車両開発
 〜より快適かつ信頼性の高い車両を目指して〜
 JR旅客6社における現在の車両開発コンセプトや近年における新技術の採用例、
 新技術の採用で得られた成果、近年の新造車両・リニューアル車両に見る
 技術の潮流や傾向、車両開発の将来像などについて紹介します。
―連載など―
●巻頭グラビア
 JR各社の代表車両
●COMMENTARY
 平成30年度 国土交通白書
●トップ・オピニオン
 本多博JRシステム代表取締役社長
●information
 大手民鉄16社の2018年度鉄軌道部門実績


*編集の都合により、内容が変更になる場合があります。