139 ライフスタイルを変えた名列車たち

価格
880
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2019年12月16日(月)
ISBN:978-4-330-01519-4
著者:
原口隆行



全国の書店にて、ご予約受付中
Amazonはこちら


旅と出張を大改革!


明治の開業以来、鉄道はビジネスや旅を変え、物流を変え、文化や風俗にも影響し、
近現代の日本の生活にもっとも大きな影響を与えてきた交通です。  
その鉄道において、人々の生活を大きく変えてきた列車とは、どんなものがあるのか?
時代・世代で大きな存在となった列車とは……? 
たとえば、大阪出張を日帰りにしてしまった「特急こだま」。便利になった反面、「さびしい」と いう声もありました。
「大垣夜行」は、モーレツサラリーマンに夜勤の女性や若い旅人たちを、深夜 各駅停車でやさしく運びました。
またそのほか、日本各地のふるさとと都心をつないだ思い出の列車、 観光の憧れとなった列車、地域を拓いた列車などなど。  
このような列車にまつわる人々のストーリーを、当時の新聞など風俗・文化を伝える資料を探って、 鉄道が人々にどんな思い出や変化をもたらしてきたかをひもといていきます。

■著者紹介
原口隆行(はらぐち たかゆき)
1938年、東京生まれ。上智大学卒業後、凸版印刷株式会社勤務を経てフリーに。
『時刻表でたどる鉄道史』『日本の路面電車機Ν供Ν掘戞愿監讃Р里領 東海道線今昔』『秘蔵鉄道写真に見る戦後史 上・下』(以上、JTBパブリッシング)、『最長片道切符11195.7キロ』(学習研究社)、『文学の中の鉄道』(鉄道ジャーナル社)、『鉄道ミステリーの系譜』(交通新聞社新書)など著書多数。