散歩の達人2020年9月号〈自由のカレー!〉

価格
750
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2020年8月21日(金)
雑誌コード:14067-09

全国の書店にて発売!
Amazonはこちら 
楽天ブックスはこちら

大特集
身近なる未知へようこそ
自由のカレー!  
    
“スパイスカレー”の存在が定着して以降、カレーと呼ばれる料理の概念がどんどん拡張しているように思われる。
各国のローカル料理。酒場や喫茶店の名物。あらゆるところにカレーはひそみ、街を歩けば発見と再発見の連続だ。
そしてもちろん、家のカレーにも心は躍る。市販のルーを溶かすだけでも、
奇想天外な具材を使っても、カレーだと思えば、それはカレー。
考えてみれば、そんな捉えどころのない料理に、なぜこんなにも気持ちが高ぶるのだろう?
探す、選ぶ、作る、混ぜる、味わう、考える。カレーにまつわる果てしない思考の宇宙を、
まずは自由な一皿で目撃しよう。

・自由のカレー!
 TAPiR(要町)/創作カレー MANOS(三軒茶屋)/ホンカトリー(御茶ノ水・湯島・本郷三丁目)
 ちょっと遠いレコード(三鷹)/SPICE SPACE UGAYA(浅草)/香菜軒 寓(鎌倉)
・≪対談≫曽我部恵一×吉田靖直「カレーと生活、ときどき音楽」
・いま食べたい 世界の“ローカルカレー”4選
・えっ、この世にカレーは存在しないって?
・痛快! 間借りカレー放浪記
・発掘! ひそみカレー探検記
・カレーはつまみになるのか
・カレーの街を探検する1 下北沢
・全国に広がる『まめ蔵』カレー
・カレーの街を探検する2 神保町
・変わらぬ味の再出発、『キッチン南海 神保町店』へ!    
・スパイス×麺はここまでスゴイ
・夢中! スタンドカレー変遷記
・家カレーを盛り上げ隊
 1.エスニック食材店で見つけた お手軽本格カレー
 2.新たなつけあわせ大研究
 3.普通の家カレーってなんだ?
 4.秘密のチャイレシピ    


第2特集

北関東2大タウン再発見
前橋 vs 宇都宮
群馬県の県庁所在地・前橋と栃木県の県庁所在地・宇都宮。
前橋は33.6万人、宇都宮は52万人の人口をかかえる北関東を代表する街ではあるが、
前橋といえば高崎とのライバル関係、宇都宮といえば餃子……なんてイメージにとどまりがち。
前橋は文学の街で近年ではアートが盛ん、文化の薫りが随所にただよう。
宇都宮は昭和を感じる商店街や大谷石造りの建物など、レトロな街並みが美しい。
まずは駅からぶらり散策へ! 知られざる魅力が盛りだくさんの北関東2大タウンを探検しよう。

[散歩コース]
・前橋アート&カルチャーさんぽ
・宇都宮ゆるレトロさんぽ
[ご当地麺]
・前橋 うどん
・宇都宮 焼きそば                
[名物]
・前橋 ソースカツ丼
・宇都宮 餃子
[カレー]
・前橋のカレー
・宇都宮のカレー
[街のパン屋]
・前橋
・宇都宮
[老舗書店]
・前橋
・宇都宮
[ゆかりの著名人]
・前橋
・宇都宮    


Regulars
・ここに来るまで忘れてた。 吉田靖直 トリプルファイヤー 高知        
・ほじくりストリートビュー 能町みね子 羽沢横浜国大駅の上の細い路地    
・デジカメさんぽの達人になりたい 蔵の街・栃木市でスナップ撮影に挑戦
・東京オリンピックを歩く 1964→2020 選手村
・東京商店夫婦 阿部 了・阿部直美 おさしみ処 まるよし[武蔵野市中町]
・ツウ旅 小千谷市編[新潟県]
・ぶらぶら親子さんぽ 大田垣晴子 生活の木 メディカルハーブガーデン 薬香草園
・絶頂チェーン店 ビッグバン 村瀬秀信 カレーは飲み物。                
・おやつマニア カレーパン                        
・失われた東京を求めて 樋口毅宏 1986年、名盤『J.BOY』誕生 浜田省吾はどうしてあんなに怒っていたのか


information
・散達ネタ帖 「品川アーティスト展2020」開催    
・月刊お出かけニュース
・今月のサンポマスター本
・帰ってきた散達読者通信
・読者プレゼント
・首都圏路線図
・奥付