150 大相撲と鉄道

価格
990
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2021年2月15日(月)
判型:新書判
ISBN:978-4-330-00821-9
著者:木村銀治郎
イラスト:能町みね子


全国の書店にて発売中!
Amazonはこちら
楽天ブックスはこちら


「鉄道×大相撲」で現役行司が書き下ろし!!
現役幕内格行司である木村銀治郎だからこそ書けた、
大相撲と鉄道の関係性を深掘りする一冊。
相撲愛好家・能町みね子ならではのイラストも収録。
「交通新聞社新書」シリーズ中でも人気の「鉄道×異業種」コラボレーションの妙。

第一章 相撲列車は、こんな列車だ
日本相撲協会員全体の移動手段の勘案と手配を一手に担う「輸送係」の仕事ぶりとは。
相撲列車はいつ走るのか、車内はどのようになっているのか。有名力士のエピソードなども。

第二章 きっぷの手配方や列車移動あれこれ
どのような規則に沿ってきっぷの手配を行っているか。
そして、番付がモノをいう大相撲の世界において、誰がグリーン車を利用できるのか。
親方衆の隣には誰が座るのか。

第三章 まだある大相撲×鉄道雑学
現役力士の名前が特急の愛称に? 運転士に転身した力士がいる? その筋では有名な出世列車のエピソード? 東京駅のイメージは横綱の土俵入り?

コラム1 峰崎親方&銀治郎さんインタビュー(聞き手 能町みね子)
コラム2 国技館が、もとは両国駅だったという事実

■著者紹介
木村銀治郎(きむら ぎんじろう)
1974年生まれ。幕内格行司。1990年三月場所初土俵。2014年十一月場所幕内格昇進を機に三代・木村銀治郎を襲名。
土俵上のさばきのほか、大相撲の魅力を伝えるべくテレビやラジオ、雑誌などで活躍、講演活動なども行う。
監修に『大相撲語辞典』(誠文堂新光社)。

〈イラスト〉能町みね子(のうまち みねこ)
1979年生まれ。エッセイスト、イラストレーター。
相撲愛好家でもあり、テレビやラジオの相撲番組における軽快なトークが人気。