016 鉄道時計ものがたり

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2010年6月15日
 

判型:新書判
ISBN:978-4-330-14410-8
著者:池口英司・石丸かずみ


いつの時代も鉄道員の“相棒”

世界一正確といわれる日本の鉄道の定時運行。そこで重要な役割を果たしたのが「鉄道時計」と呼ばれ、鉄道員のかたわらで時を刻み続けた小さな懐中時計である。
その歩みを、日本人の時間感覚の歴史とともにたどる。

 
●本書の主な内容
第一章 鉄道の歴史とともに鉄道時計の歴史が始まった
第二章 国産鉄道時計の歩み
第三章 クォーツの登場と鉄道の近代化
第四章 鉄道時計と鉄道マンの誇り
第五章 アナログからデジタルへの変遷の中で
第六章 世界一の日本の鉄道。―そこに受け継いでほしいもの

 

■著者紹介
池口 英司(いけぐちえいじ)

1956年東京都生まれ。日本大学芸術学部卒。出版社勤務を経て、フリーランスの鉄道ジャーナリスト兼カメラマン。鉄道模型や旅行についても執筆。著書に『国鉄のスピード史』(イカロス出版)、『まるわかり鉄道用語の基礎知識850』(同)などがある。

石丸 かずみ(いしまるかずみ)
1965年千葉県生まれ。編集プロダクション勤務を経て、フリーランスの執筆業。共著に『株&ファンドでお金を10倍にする本』(日本文芸社)、『外貨&外国株でお金を大きく増やす』(同)など。ビジネス・経済を中心に幅広く執筆活動を展開。



 

配信電子書店リストはこちら