014 乗ろうよ! ローカル線

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2010年4月15日
 

 

判型:新書判
ISBN:978-4-330-13610-3
著者:浅井康次



貴重な資産を未来に伝えるために

過疎化の進展やモータリゼーションの波に押され、廃止・縮小の歴史をたどってきたローカル線。しかし、なかには、街づくりの中核として位置づけられ、さまざまなアイデアによって話題を発信しつづけるミニ鉄道もある。
本書では、鉄道を地域の歴史、社会、文化そのものととらえ、それぞれの地域における将来に向けた鉄道活策を指南する。

 
●本書の主な内容
第1章 ローカル線のいま
第2章 ローカル線の運営と展望
第3章 “三セク鉄道だより”から
第4章 路面電車は走る
第5章 がんばれ 観光鉄道


■著者紹介
浅井 康次(あさいこうじ)

大阪府出身。京都大卒業後、開銀(現:日本政策投資銀行)入行。本店営業部や支店などで多くの地方鉄道の融資や審査に携わる。調査部参事役、設備投資研究所主任研究員、審査役などを経て現在、内部監査役。「ローカル線に明日はあるか」で平成17年度交通図書賞受賞。18年「論説地方交通」上梓。19年度総務省「路面電車事業の活性化に関する調査研究会」委員。21年度(財)運輸政策研究機構公共交通支援センター顧問などを歴任。



配信電子書店リストはこちら