022 国鉄/JR 列車編成の謎を解く

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2010年10月15日

判型:新書判
ISBN:978-4-330-17410-5
著者:佐藤正樹



新幹線はなぜ16両になったのか?
食堂車の「食堂」以外の大事な役割とは?
冷房装置があるのに冷房が効かないのはなぜ?


列車とは、1両1両の車両がつながって編成を組んでいるわけだが、それには一定の法則があり、鉄道のシステムやサービス、車両のメカニズムはもちろんのこと、当時の社会状況や風俗、地域性などと密接な関わり合いを持っている。たとえば、かつて国鉄の列車に1等、2等、3等という等級があったのは、階級意識が現在よりも強かったことの現われであり、列車編成を組む上で最重要のファクターとなっていた。国鉄〜JRを通して、列車編成を組む際に考えられていた基本的なルールや法則、系列ごとの編成の組み方などを、さまざまな事情を解説しつつ解きあかしてゆく。


●本書の主な内容
第一章 歴史から見た旅客列車の編成事情
第二章 編成の素朴な疑問
第三章 編成の不思議
第四章 編成のジレンマ
第五章 知っていると自慢できる編成の予備知識


■著者紹介
佐藤正樹(さとうまさき)

1960年北海道生まれ。月刊「鉄道ダイヤ情報」編集部を経て、1996年から札幌市でフリーランスのライターとして活動中。交通新聞社刊「鉄道ダイヤ情報」「旅の手帖」の他、デアゴスティーニ刊「週刊鉄道データファイル」、宝島社刊「宝島MOOK 昭和と国鉄が甦る! 鉄道映画名作DVD BOOK」など執筆多数。近年では、任天堂DSソフト「鉄道検定DS」、auの携帯電話コンテンツ「クイズ鉄道王決定戦」の出題も担当。




配信電子書店リストはこちら