050 ジャンボと飛んだ空の半世紀

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2012年12月15日
判型:新書判
ISBN:978-4-330-33712-8
著者:杉江 弘
 


“世界一”の機長が語るもうひとつの航空史
 
総飛行時間2万1000時間、B747乗務時間1万4051時間という驚異的な記録を残した著者が、42年間一度も乗客乗員の怪我や機材の損傷も起こさなかったパイロット人生を振り返り、さまざまな航空機事故や自身の体験を検証しつつ、航空業界の歴史や昨今の事情を紐解く。ただの回顧録や提言にとどまらず、職務を全うするとういうことは何か、真のプロフェッショナルについて考えさせられる書でもある。
 

●本書の主な内容
第1章 航空機を飛躍させた技術革新
第2章 ジャンボジェットを操縦する
第3章 緊急事態
第4章 あり得ないフライト
第5章 プロフェッショナル・フライト
第6章 思えば楽しい国際線の生活
第7章 明るい航空界の未来に向けて
 

■著者紹介
杉江 弘(すぎえひろし)

1969年慶應義塾大学法学部政治学科卒業、日本航空入社、DC8、B747、エンブラエルE170に乗務。B747乗務時間で世界一の記録を持つ。総飛行時間は2万1000時間に及ぶ。同社安全推進部に所属中は「スタビライズド・アプロ−チ」など、航空界の安全施策を立案推進する。主な著書に「機長の告白」「機長の失敗学」(ともに講談社)、「機長が語るヒューマン・エラーの真実」(ソフトバンク新書)、「プロフェッショナル・パイロット」(イカロス出版)、近著には「日本人はなぜ足元を見られるのか?」(2012年8月刊、アスキー新書)がある。日本エッセイスト・クラブ会員。





配信電子書店リストはこちら