051 15歳の機関助士

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2012年12月15日

判型:新書判
ISBN:978-4-330-33812-5
著者:川端新二

 

戦火をくぐり抜けた汽車と少年

幼い頃から蒸気機関車にあこがれていた著者は、昭和18年、14歳で国鉄(当時は鉄道省)に就職。名古屋機関区の一員となり、機関車掃除をする「庫内手」に。全身が真っ黒になる辛い機関車磨きの日々を乗り越え、鉄道教習所での訓練を終えると、晴れて機関助士に。やがて、花形の東海道線に乗務する。機関士と機関助士の固い絆、乗務する機関車と客車が間一髪で空襲を免れたこと、空襲による仲間の殉職。終戦の日、敗戦のショックで茫然自失の中、機関士に励まされていつも通り汽車を走らせた・・・・・・、など、機関車乗務員の青春の記録を、当時の機関車事情とともに伝える内容となっています。


●本書の主な内容
第1章 蒸気機関車に憧れて国鉄へ
第2章 汗と涙の“カマ焚き”修業
第3章 戦火をくぐり抜けた少年機関助士
第4章 あの日も汽車を動かした

 
■著者紹介
川端 新二(かわばたしんじ)

昭和4年(1929)1月、福井県福井市生まれ。昭和18年3月国民学校高等科卒業。18年4月国鉄に就職し、名古屋機関区庫内手となる。19年6月機関助士となり、関西本線や東海道本線の蒸気機関車に乗務。28年からは電気機関車で機関助士を務めた後、32年7月蒸気機関車に戻り、機関士に。名古屋地区最後の蒸気機関車に乗務。その後は電気機関士として、東海道線のブルートレインなどに乗務。指導機関士として3年間、後進の指導をした後、59年3月退職。著書に「ある機関士の回想(イカロス出版刊)」がある。





配信電子書店リストはこちら