055 青函トンネル物語

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2013年6月15日
判型:新書判
ISBN:978-4-330-37613-4
編著:青函トンネル物語編集委員会



津軽海峡の底を掘り抜いた男たち

膨大な費用と時間を費やし、時に国民の非難にさらされた青函トンネル。だが、世界が「歴史上この事業に匹敵する技術的建設事業はない」と絶賛し、建設の決断と工事を支え続けた日本国民を讃えたことを、今日においてどれほどの人たちが認識しているだろうか。本書は、昭和58年1月の先進導坑貫通というクライマックスに向けて、構想から調査、工事と、様々な段階でかかわった人々の貴重な記録をまとめて昭和61年に発行されたものを新書化。北海道新幹線開業が見えてきた今、改めて読み返し、後世まで残しておきたい、感動の記録。


●本書の主な内容
序 章 海峡を歩いて渡った男たち
第1章 遥かなる想い……海峡へ第一歩
第2章 トンネルの可能性を求めて
第3章 トンネルの町誕生
第4章 夢は海底へ向けて……調査坑の掘削
第5章 本工事始まる
第6章 三種の神器
第7章 難航する先進導坑
第8章 青函トンネル水没す
第9章 トンネルがつぶれる
第10章 先進導坑世紀の貫通