060 「座る」鉄道のサービス

価格
864
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2013年10月15日

判型:新書判
ISBN:978-4-330-41913-8
著者:佐藤正樹

 

座席から見る鉄道の進化

日本の鉄道が開通して140年余り。それ以前の旅は徒歩や馬などが頼りでしたが、鉄道の普及によって、「鉄道の旅」が大衆に広がると、さまざまな旅客サービスが登場しました。なかでも「座れること」は鉄道の旅を快適にするための必須条件です。確実な着席のためには座席指定サービスが不可欠で、そのルーツは明治45年に運転を開始した国鉄初の特急にまで遡りますが、座席指定が本格化したのは昭和30年代に入ってからでした。指定券類を手作業で販売していた座席指定黎明期から、現在のマルス全盛時代に至る発券の進化、座席シートや灰皿・テーブルなど座席周りの設備の進化などを著者の実体験を交えながら紹介します。
 

●本書の主な内容
第1章 指定席連結列車の歴史
第2章 座席予約の進化
第3章 あの手この手の自由席着席サービス
第4章 国鉄ハザのボックスシート物語
第5章 座席周りの設備今昔

 

■著者紹介
佐藤正樹(さとうまさき)
1960年北海道札幌市生まれ。「鉄道ダイヤ情報」編集部を経て1996年、郷里の札幌に戻りフリーに。鉄道趣味や旅関連のライターとして、「鉄道ダイヤ情報」「旅の手帖」(交通新聞社)、「週刊鉄道データファイル」(ディアゴスティーニ・ジャパン)などの雑誌媒体を中心に執筆。本業の傍ら写真撮影にも傾倒し、写真ブログ「札幌のスナップ」(http://kihayuni.cocolog-nifty.com/sapporo_snap/)を公開中。近著に「国鉄/JR 列車編成の謎を解く」「グリーン車の不思議」(交通新聞社)がある。