街道観光

価格
1,620
数量

カートに入れる

この商品について

発売日:2013年2月8日
判型:四六判
ISBN:978-4-330-36513-8
著者:須田 寛


「街道観光」とは人間の交流手段であり、またその場でもある「街道(道)」を訪れる(歩く)観光である。人間交流の原点にふれると共に「街道(道)」からの景観、「街道(道)」やその周辺に形成された文化の集積を訪ねることによって、人的交流の促進をはかる観光をいう。

著者は、新しいニーズや国際競争に応える「新しい観光」のひとつとして、ものづくりをテーマに展開されてきた「産業観光」に続く、生活と地域に密着した観光として「街道観光」を提案する。本書は「街道(道)」という視点から従来の観光(資源)をいわば輪切りにするかたちで再構成した、ひとつの新しい観光の提案書である。観光の今後のあり方をあらためて考え、今後の観光施策に生かすための一冊。


■目次
はじめに

I 街道観光の背景
1.「観光」とは、その役割と経緯
2.日本の観光の現状と課題
3.「新しい観光」の展開

「街道観光」の展開
1.「街道観光」とは
2.日本街道(観光)小史
3.「街道観光」への期待と動機
4.「街道観光」の観光資源

「街道観光」モデル事例
1.     一般型「街道観光」の事例
2.     ストーリー型「街道観光」の事例
3.     「産業観光」にかかわる産業「街道観光」の事例
4.     ウォーキング型「街道観光」の事例
5.     「海道」にかかわるもの

「街道観光」推進のために
1.「街道観光」の特性
2.「街道観光」展開の前提と今後の課題
3.これからの「街道観光」

おわりに

(付表1)日本風景街道一覧
(付表2)文化庁選定「歴史の道」
(付表3)「日本百街道」推奨街道一覧表
(付表4)地域力活用新事業∞全国展開プロジェクト


■著者紹介
須田 寛(すだ ひろし)

昭和6年生まれ。昭和29年3月京都大学法学部卒。同年4月日本国有鉄道入社。昭和62年4月東海旅客鉄道蠡緝充萃役社長、平成7年6月代表取締役会長、平成16年6月相談役。(社)日本観光振興協会全国産業観光推進協議会副会長および同協会中部支部長を務めるほか、日本商工会議所、名古屋商工会議所などで観光関係の活動に携わる。
主な著書に、「産業観光」「新しい観光」「昭和の鉄道」(いずれも交通新聞社)、「東海道新幹線供廖JTB)、「新・産業観光論」(共著・すばる舎)など多数。